まぁまぁ自然派

ゆるーく自然派&手作り

くら寿司のシャリコーラを超簡単に再現する

どうも、ものぐさDIY妊婦のたびきゃりです。

というか妊婦ではなくなりました。ものカーチャンになりました!

 

飛ばしてもいい導入部

低時給の非正規雇用者で店舗を回す業態のせいでバカッター騒動が巻き起こり、飲食チェーン各社が炎上&類焼を繰り返してますね…

 

私は各種100円寿司チェーンの中でもくら寿司が1番のお気に入りだったんですが、さすがに一部のアルバイトがやったこととは言え、しばらくは利用する気が失せるというか。

ぷち寿司とかビッくらポンとか、テーブル席の個室感とか、女子供ウケするアイディアが沢山で好きだっただけに残念です。

 

中でも特にくら寿司を選んでいた理由が、サイドメニューの「シャリコーラ」!

 

 

飲んだことない人いますか?

シャリコーラ飲まずに逆に何飲んでるんですか?(煽り)

 

米のまろやかな甘みと引き締まる炭酸のマリアージュ

シャリの国に生まれた幸せを口腔でそして喉で存分に味わえる、寿司を食べずにシャリコーラだけ飲みに行ってもよいほどの逸品ですよ。

 

さて 作り方

シャリコーラはしばらくお預け…そんな悲しみに暮れていた私に(つまらない人生ですね)、夫がこんなレシピを提案してくれました。

 

  1. 甘酒 …コップに半分
  2. 炭酸水 …コップに半分
  3. 混ぜる

 

あっ、えっ……

それだけ………

 

それだけでした。見事にシャリコーラの味

あっけなさ過ぎてポカンとしました。

 

本格派とかアレンジとか

ちなみに、私はものぐさなので甘酒と炭酸水のみでやってますが、サイダーやお酢を使ってよりしっかりした甘みとシャリ感を出すレシピもありました。

 

私の飲んだ限りでは、1:1 の割合であれば無添加の甘酒の甘みだけで、割合満足のいく味になります

ただし、甘酒の質感がモッタリしているせいか、混ぜる過程でけっこう炭酸が抜けます。微発泡な感じになります。

 

是非お試しあれ。

 

 

 

ガーターフリーストッキングへの謝罪

 

こんにちは、妊婦たびきゃりです。

 

そう、しばらく いや長らく更新しないうちに、臨月妊婦になっていました。

いや〜〜〜産休迎えるまでって結構キツイですね…!ツワリもあれば各種申請やら挨拶回りやら引き継ぎやら、親しくもない善意の他人からの気遣いの押し売りやら(毒づき)

善意の他人からアレコレふっかけられては調査した「妊娠トンデモ言説の真実」について語りたい気持ちもあるのですが、まずはこのブログで最も需要を感じるガーターストッキングについての話題で、場を温めたいと思います。

久々の更新ですのでね…

 

まずはこの言葉から入らねばなりますまい。

 

ごめんなさい。

 

………いや〜もう………

 

何がって、前の記事でガーターフリーストッキングについて、ゴムのストッパーがキツくて跡になるとか、痒くなるとか色々書いたんですが、奴さんもいろいろ改善されていたようで…

 

お腹が出てガーターベルトが付けられなくなった頃、結婚式の列席でどうしてもストッキングを履く必要が出て、しぶしぶやっすいガーターフリーストッキングを履いて臨んだんですよね。そうしましたら、アラ不思議

 

7時間履き続けても食い込まない、かゆくない、ズレにくい。

30分以上歩いたりするとズレはやっぱりありましたが、2〜3時間おきにトイレに行く(=そのたび引き上げる)とすれば、許容範囲かも。

 

私が買ったのはこちらの安物(失礼)です。

華やかな結婚式の場に…とちょっとパーリーなタイプ。はき口のレースがね、ピーコック(孔雀)柄とあるんですが、なかなかゴージャスでよかったです。

 

 

ボヤき:点数をつけるという行為

ラストベガス(字幕版)

ラストベガス』と言う映画を見た。 Amazonプライムでタダだったし、ロバートデニーロも、モーガン・フリーマンも好きだったから。

パッケージ画像で分かるとおりの、笑いあり涙あり、ちょっとゴージャスでおバカな、通りいっぺんのライトな人間賛歌だった。

映画が嫌いじゃなくて、それなりにいくつか見ている人なら、そういう内容は大体導入部分で想像がつく。 それを分かって見る、安定感を求めて見る。

ところが、映画を流しながら「マドンナ役のこの妙齢女性は誰だったっけ」と検索をかけてたら、この映画にそれこそ通りいっぺんの文句をつけて楽しんでいる輩を見つけてゲンナリした。

しかも、自分の見た映画に20点台だの30点台だの、80点台だのと点数をつけて、何様なんだか知らないが偉そげに紹介している。『ラストベガス』はランク外、「ただ文句をつけたくなる映画」らしい。

炎上商法なのか、ただのマウンティング野郎なのか分からないが(ブログ読者からの批評リクエストにもいちいち上から目線の注意書きを施しているところを見ると、天性のマンスプレイニング能力者なんだろうと思う)、こちらからもすごくありきたりな感想を言わせてもらうと「点数をつける」という行為自体がおこがましくて、恥ずかしくて見てらんないって感じ。

その映画が実際に浅薄で商業主義的で、自称「肥えた目」にはいっそ露悪的にすら映ったとしても、「点数」などというなんの温かみも工夫もないツールでそれを料理してしまった時点で、批評者のKO負けなんだよ。

なぜか。

点数をつけるということは、その絶対的な判定を下すだけの知識や経験や能力が自分にはある、と宣言してるのと同じだから。そして、教授気取りでえらそうに点数をつけてる批評者が、その能力を伴っていることは、ほとんどない。

教授気取るんだったら、せめて映画史上の立ち位置だとか、政治的背景だとか、哲学的考察だとかを入れてみろよ、と言いたい。

素人が中途半端ないちゃもんでもって専門家気取りで点数をつけているのが見ていて一番恥ずかしいから、そういった輩にはせめて言論の自由にまかせてくだらねぇレビューを公開する程度で止めといて頂きたい。点数はやめろ。

と、なんとなく思いつつ、映画そのものは素直に楽しんだひとりぼっちの週末だった。

DIY料理家、コウケンテツ

旦那さんに安全なご飯をお腹いっっぱい食べてもらいたくて、毎日手作りディナーを頑張っているたびきゃりです。嘘です。週2くらいで外食です。そしてタイトルは私の勝手な偏見です。

新婚2年目、一人暮らしも足かけ7年やってたので料理は慣れてるのですが、平日仕事で疲れた時とかレシピを考えるのが苦痛です!

いやいや、今どきクックパッドあるじゃん、って思いますでしょ?

クックパッドのレシピみるのも面倒なんですよ。

※ 画像と本文は関係ありません

レシピ見るときって、所要時間は?必要な食材は?手順はシンプル?味付けの濃さは?ってその日の色んなコンディションも思い浮かべながら吟味する割と面倒くさい情報処理が頭の中で起こってるんですよね!疲れた時は頭がそれを拒絶します。

そんな時、なぜかコウケンテツさんのレシピは作ろう!という気になれる。

彼が無造作ヘア無邪気な笑顔で世のお母様方を虜にする息子にしたい料理家No. 1系男子だからじゃないですよ。

家にある具材で、家にある道具でできる!という信頼感があるんです。

例えばこれ

www.orangepage.net

鶏皮を美味しくパリパリに焼くための重石が。小さめの

_人人人人人人人_
> 小さめの鍋 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

落とし蓋や圧力鍋、フードプロセッサーなどの「ない家にはない」調理器具が当然ある前提で話を進めるレシピって意外と多いですけど、コウケンテツさんは違います。落とし蓋とは書かない。「アルミホイル」と書く。この心意気が疲れた脳に沁みます。

最低設備で作れるレシピが多い。調理道具を本来の用途とは違う使い方で活用するっていうのも、DIY感があって楽しいです。もちろん、外国料理やなんかで「どこで手に入れるん?」っていう食材が含まれてるレシピもありますが、疲れたときでも「楽しい」って感じながら料理できるのはありがたいです。

何度もネットレシピでお世話になったので、感謝と期待を込めて本を購入することにしました。えっ…本も持ってないのに語ってたんかい。自分でもびっくりです。でもネットレシピでも、ちょっと楽しく料理できるものが多く公開されているので、気になった方は試してみるといいと思います!

とにかく気に入ってるので宣伝してみました。

今日もおいしいご飯作るぞ〜!

ワカメしゃぶしゃぶ今が旬!

こんばんは。 たびきゃりです。

今晩初めて知った事実をご報告します。

生ワカメのしゃぶしゃぶが、うめぇ

ひたす前。

ひたした後。

すごーく綺麗に色が変わっています。一瞬熱湯にひたしただけで柔らかく、鮮やかな緑色となり食欲をそそります。

食感は、箸でつつけばとろける煮込みワカメとも、生の海鮮サラダのシャキシャキ感とも異なり、柔らかくも歯ごたえもある素晴らしい歯触りです。

生ワカメは今しか食べられないからね〜

何故か主婦力の異常に高い旦那さんが教えてくれました。

ずっと実家暮らしで、お母さんはスーパー主婦で、男兄弟で…自分で家事やろうと思う要素一個もないはずなのに、やたら生活力のある彼。あと海なし県で生まれ育ったのにむちゃくちゃ海鮮好きで詳しいのも謎。人間は謎に満ちているな。。

とにもかくにも、今しか食べられないのか!!と衝撃を受けたので旬な話題のシェアでございます。

手に入る地域の方は是非食べるがいいよ!!

えっ、常識?

あ、そう…

ガーターストッキングのすゝめ

こんにちは。ここ3年ほどガーターストッキングを愛用しているたびきゃりです。

予告通りガーターの話をします。男性や、興味のない女性にはただお下劣なだけで面白くない話題かも知れません。でも、ワシは語りたいのじゃ

※この記事は、気持ちがたぎりすぎて思いの外長くなっております。

ガーターというと「夜の生活」「セクシーアイテム」みたいないかがわしいイメージが横行しておりますが、その考え、悔い改めよでございます。

ガーターこそ至高、ガーターこそ普段使いにめちゃめちゃ良いのです。ストッキングを着用せざるを得ない世の女性は須く皆乗り換えるべしでございます。

まず実物をご覧に入れようと思います。いつもの感じでメンバー紹介。私オススメの普段使いなやつらです。

メンバー紹介

まずはギター!吊るヤツ!GUNZEだぜ!

グンゼ SABURINA ガーターベルト LegMode シルーバーホワイトM 1個

ベース!吊られるヤツ!片倉産業!

カタクラのシンプルで丈夫なガーターストッキング

吊られた状態…これが俺の限界だ…

(冬なので厚手のサイハイタイツですが)

_人人人人人人人人_
> 無意味な画像 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ギターとベースしかいない異色バンドです。色気のなさにガッカリした向きがあれば、申し訳ありません。実用性重視なので…すみません。大手メーカーもので、シッカリかつフリフリ綺麗なガーターもあるんですが、日常使いには気を遣ってしまうので、ホールド感も抜群でガンガン洗えるシンプルなのがいいんです。

さて、こんな彼らのどこがそんなにいいのか、解説していきましょう。

※ ガーターの長所を述べると逆説的にパンストをdisることになるので、パンスト狂信者の方は予めご容赦ください。

その1. 締め付け感ゼロ!

パンストのマイナスポイントその1は、腹と尻が妙に窮屈なところです。おパンツですらのびやかな素材使ってるのにパンストときたら。足首〜太ももまでギュウギュウに締め付ける「着圧」なんてやつもあるんですよ。普段使いのソフト拷問かよ

ひるがえって、ガーターの開放感たるや。 尻は世界に向けて開放され、自由を謳歌できます!座り仕事でも妙な窮屈感を感じずに済みます。

あとみんな黙ってるけど、ただでさえ一番布かぶるところにパンストかぶせてたら冬でもムレるよな!みんな!な!な!?

その2. お手洗い想い

お下劣な話で恐縮なのですが、女子は男子よりお手洗いが近い上、大でも小でもすべからく皆パンツの上げ下ろしが必要となりますでしょ? そのたびにパンストをズリズリ剥いてはヨイコラショと引き上げ…しゃらくせえ!ってなりませんか?

ガーターは構造上パンツがストッキングの上にきますから、素足と同じ感覚でパンツのみ上げ下ろしすれば済むのです。朝はいたら夜まで下ろす必要がない。画期的なほどにストレスフリーです。時短です。まじで!

これは一度経験すると離れられなくなります。

その3. 経済的!

なんせ左右の足が別々ですから、左足が伝線しても左足だけ捨てればいいのです!右足は生き残るの! おじ様の3足1000円インディゴ靴下のようにお得かしこく使えるわけです。

ベージュのストッキングなんて社会通念上履かざるを得なくて履いてるだけなんだから、経済的な方がいいに決まってるんです!

4.足長さんに…

これは自慢話に取られても仕方ないのですが…

たびきゃりは身長170cmと女のわりに背が高く、市販のパンストだと長さが足りないことが多いのです…。

これはずっと悩みでした。今でこそトールサイズのパンストもチラ…ホラ…と見られますが、まだまだ少なく。昔、こんな不満を友達にこぼしたら「おい、コイツ埋めようぜ(迫真)」と言われてしまい、それ以来愚痴をこぼすことすら出来ずにいました。

でもガーターなら、つま先からおマタまでの距離がどれくらいだろうと、関係ないんですよ!!調節できてしまうわけだから!!! 足長族の皆さん、お聴き逃しなく!!(?)

--

注意点

そんなこんなで、普段使いしない理由がないガーター。しかし、本当にストレスフリーなインナーライフを求めるなら、以下のトラップにも気をつけねばなりません。

ガーターフリーは片手落ち

ガーターフリーのガーターストッキング、結構売ってますよね。履き口にゴムが付いていて、ピタッと肌に張り付いてズレないやつ。やっぱり、パンツの上にこれ以上重ねたくねぇ!っていう層が一定数いる証かと思います。

ただあれも、ゴムのストッパーがキツくて跡になったり、痒くなったりしてあまり快適ではないんです。個人の感想ですけどね…!

締め付けて血流が悪くなってしまっても本末転倒なので、たびきゃり的にはあまりオススメしません。

セクシーガーターに気を付けろ

Amazon楽天でセクシーアイテムとして叩き売りされているガーターベルトは、想像はお付きかと思いますが実用性はゼロです。終日着用を前提としていませんので、ホールド力がなく通勤電車に乗る前にずり落ちてきます。

この類いのものはコメント欄に「女性にプレゼントしたら喜ばれた」とかそなたの性事情など知りとうないという男性目線のコメントが目立つのでご参考に…。安いからと間違えて買うと後悔します。

(たとえばこういう奴、と例をリンクすると規約に怒られそうなので各自検索してみてください)

市場拡大に協力してくんろ…

そんなガーターですが、日本のパンスト生産技術の向上により市場はパンスト一色で、良質なガーターベルト、ガーターストッキングの入手は困難になる一方です。逆に言うと、今買っとかないとどうなるか分からない

たびきゃりも限られた情報の中で必死こいて探し出しては、自分で実験している状態です。以下は私が信頼しているその他「実力派」のガーターたちですので、興味のある方は在庫のあるうちにどうぞ…

ベルト

グンゼ  婦人  SABURINA  サブリナ  ガーターベルト  LegMode ソフトライラックM 1個

ちょっとかわいいタイプ。GUNZEさんはもう間違いないです。これも締め付けないのにしっかりホールドしてくれます。

ストッキング

プレーンベージュ

ちゃんとしたガタストはかかと成形がしっかりしていて、くるぶし部分で布地がもたついたり致しません。肌触りもサラサラで気持ちがいいですぞ。

冬用。

ただのサイハイ丈タイツですが、比較的締め付けがないのと長さが十分なので、履き口のゴムをいくらか抜いて使ってます。

お気に入りの入荷を確認したら随時リンクを増やしていきたいなぁと思っております。ご参考になさって頂いて、ぜひガーター市場の拡大にご協力をお願いします!

追記! 最近メルカリの利用を始めたら、未使用品のGUNZEガーターがわりとコンスタントに出品されていることが分かりました! 閉店在庫の処分とかでしょうか…?いずれにせよ、ありがたいことです!

ストッキングの方もちょくちょく出品があります。メルカリは商品画像貼れないので、自力検索しかないのですが…正規販売で伸びて市場拡大して欲しいけど、販売ないモンは探して買うしかないわな…! ということで、ネットショップですら売り切れの際はフリマアプリに希望を託してみてください。

「ここは上海」と思うライフハック術

お元気ですか。たびきゃりです。 今、通勤電車で隣の席のおやっさんが嗜むカップ酒と揚げイカの香りに包まれているところです。

私はパーソナルスペースというやつが異常に広く、満員電車とか人混みがきらいです。なので、すぐそばに他人の日常を感じる今の状況は非常に苛立ってしまうはずなのですが先日上海に2泊3日の旅行に行ったおかげで、気にならなくなりました。

みなさん、「私は上海にいるんだ」と思う意志の力をちょっと試してみてください。

「自分のことは自分で」

美しい夜景の外灘エリア。急ごしらえのレプリカには真似できない、石造りの年季と重厚さが感じられたぜ。

ただの観光、しかも初めての上海でしたが、街行く人々の行動を見ていると、日本との明らかな違いが見えてきました。列挙してみます。

  • 交通ルールはほぼない
  • 電車の乗り降り「われ先に」
  • 道はゴミ箱
  • 電話してはいけない場所などない
  • お客様は神様ではなく邪魔者

分かりますか?左下、バナナの皮です。古典的を通り越してもはや伝説的なトラップ技法です。うれしくて何枚も写真を撮りました。

別に非難したり、揶揄したりするつもりはないのですが…ローカルコンビニで物を買おうとして、レジでラーメンすすってるおばちゃんに「チッ、買うのかよ、メンドクセーな」という顔をされたのは本当です(最近少ないみたいです)。

でも、それが気持ちいいんです

私が隠れドMだからではありません。

他人を大事にすると自分が粗末になる

周りがこのスタンスでいてくれると、こちらも日本で無意識にやっていた疲れる気遣いが体から抜け落ちていき、心身が軽くなるのです。例えば以下のことです。

  • 信号無視は悪いこと
  • ちゃんと並ばないのは悪いこと
  • 車内はお静かに
  • ぶつかったら「すみません」
  • お客様には笑顔で「こんにちは!」

実際前半はやってた方がいい気はしますけど、後半については「やりすぎ」と批判する声も出てきました。でも、やらなかったらやらなかったで世間の目が痛く、自分でもどこか罪悪感を感じてしまうんですよね。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IS107113644_TP_V.jpg

張り付いた笑顔の例?

どんなに疲れてても、どんなに悲しくても、他人に迷惑をかけないように肩を縮めて歩かないといけない。そうでなければ、どこかで誰かに見られていて「疲れを理由に横暴を」と思われてしまう。そのどこかの誰かとは、心の中の自分かも知れません。

それはこの小さな島国で、みんなが平和に暮らすために発達してきた素敵な文化なのかも知れませんが、それによって心の疲れが加速する時があるのも事実。

さぁ、ここは上海

横入り合戦に参加したり、店員さんに邪険に扱われているうちに、こちらも自然と自分本位になってきます。

自分の都合に素直になるんです。

そしてそれはごく真っ当なことなので、時にぶつかり時に邪魔されたとしても、「お互いやりたいことが違うんだもの、当然よね」とスルーして、イラつかない。誰も「マナー違反」とは言わないのです(文句は時々言ってるのかもしれない)。そうだよ!悪くないよ!俺は俺の人生を生きたいだけなんだ!

…とまで思っているかは分かりませんが、この発想は、私のように「過度に他人に敏感」「気にしい」な人にこそ効果があるはずです。

さぁ、「他人の小さなマナー違反でイライラして、自分カッコ悪い…」と思っているあなた!

あなたも今から心だけ上海を回遊してみませんか。

やりたい放題ってわけじゃないよ

ここまで書いてみて、ゴミだの順番無視だの「中国人はマナーが悪い」というマイナスイメージを助長しているようで気が引けてきたので、素敵なとこもいくつか挙げておきます。

  • 老人には席をゆずる
  • 清掃員がそこここで掃除してくれてる
  • メンドクセー顔でも必ず道を教えてくれる

特に最後なんか、私はニヤリとしてしまうんですがどうでしょうか。

おまけ・なぜ上海なのか?

観光だけなら、他の東南アジア諸国も観光してきました。

など。この中に、日本ほどのマナー・清潔感で、笑顔でキリキリ働いてる国はなかったです。ヨーロッパは経験ありませんが、やはり日本ほど潔癖で慇懃な国はないと聞きます。だから、特に中国上海だけをあげつらって晒すべきでは本来ないんですよね。

でも、今まで行ったどの国よりインパクトがあったんです。

休日の魯迅公園で社交ダンスや太極拳を楽しむ上海人の開放性を見たせいでしょうか。それとも、東京に引けを取らない大都市のパワーに押されたのでしょうか。 もしくは、公園で投げ銭ライブをやっていたら警察官が来て怒られたが、負けじと喧嘩腰で応戦したら観客も加勢してきて大騒ぎになり、結局警察官が負けて帰って行った(しかも歩きタバコで)というような、鮮烈なバイタリティを見たせいでしょうか…。

過積載車両の数々。私は過積載フェチなので、見かけたはしから一生懸命撮影してきたのですが、多くを取り逃がしました…無念。

たったの2泊3日でも、おもしろすぎた上海。刻一刻と変化するこの都会に、早くもう一度訪れたいです。それまで、心だけ、上海。